大事な歯をできる長く健康に

みなさんはいつ、歯医者に行こうと思いますか? 「歯が痛くなってから」「痛みを我慢できなくなってから」という方が多いのではないでしょうか。これまでは、「歯医者は痛くなってから行く場所」、つまり「歯医者は治療をするところ」というのが当たり前でした。しかし、その考え方では病気の原因を根本から改善することができません。そのため、再発と治療をくり返すことにつながってしまっていたのです。

東大和市の「さかえ歯科クリニック」では、「治療」よりも「予防」に力を入れることで再発と治療のくり返しを防ぎ、末長く健康な歯を維持できるような予防プログラムをご提案しています。

虫歯の元?バイオフィルムについて

歯を舌で触ってみてください。ぬるぬるした感触や、ざらざらした感触はありませんか?実はそれは、歯の表面に住み着いた細菌(バイオフィルム)なのです。
バイオフィルムが歯の表面に付着すると、細菌を保護するための膜を張ります。その膜は実にやっかいなもので、薬剤や殺菌剤などの外敵となるものから身を守るためにバリアとして働くのです。

バイオフィルムを除去するためには定期的に歯ブラシ、フロスを使用することが重要です。ただし、家庭での歯ブラシやフロスでは100%バイオフィルムを除去することは出来ません。
そこでどうするか?歯科医院でのクリーニングです。当クリニックでは、虫歯や歯周病といった治療が終わった患者さんにはほぼ全てPMTCを行っています。
次の項目から、当クリニックで行っているPMTCの流れについて記載していきます。

当院で行っているPMTC(クリーニング)について

当クリニックでは、治療が完了した患者さんに必ずPMTC(プロの歯のクリーニング)を行っています。これは、虫歯や歯周病を引き起こす細菌を掃除し、予防するためのものです。また、歯がツルツルになるので、気持よく治療を終えることができます。

当クリニックで行っているPMTCの流れについてご説明します。

Step1 歯の検査

治療終了後の歯がどういう状態なのかを検査します。
汚れている箇所に、染め出し液を使用して色を付けます。

Step2 専用の器械を使用してのクリーニング

歯を強くする「フッ素」が入ったペーストを歯と歯の隙間、歯と歯肉の間に注入します。
その後、専用の器械を使用し、クリーニングします。
ゴム製のブチップや回転ブラシを使用し、歯の表面に付いている汚れをキレイに落としていきます。

Step3 仕上げのフッ素塗布

歯の汚れを完全に落としキレイになった歯を、最後にフッ素で完全コーティングします。
フッ素には虫歯になりにくくするための効果があり、塗ることで虫歯になりにくい歯を作ることができます。
フッ素が浸透するために、塗布が終わった歯は1時間ほど、飲食は控えたほうが良いでしょう。

Step4 歯磨き指導

フッ素塗布が終わった後で、ご家庭で歯を磨くために気をつけた方が良いポイントや、食生活、次回の定期検診のお約束等を行います。

定期検診を大事にしています

「なぜ、痛くないのに歯医者さんに行くの?」という疑問をお持ちの方もまだまだ多いかもしれません。そんな方のために、もう少しお話しを続けます。

こんなデータがあります。歯を失う原因の9割は歯周病と虫歯です。そして50歳になった時点でそれまでに失った歯の本数を、「定期検診を受け続けている人」と「受けていない人(痛くなったら治療する人)」で比べると、定期検診を受け続けている人は平均0.7本でしたが、受けていない人は平均5.4本でした。定期検診を受け続けることには、「高齢になっても自分の歯で食事ができる」「歯の治療に時間やお金がかからない」などのメリットがあります。

ところで、定期検診による「予防」が当たり前になっている北欧の高齢者は日本人の高齢者よりも残存歯が多いということをご存じでしょうか? 80歳時点の残存歯は、スウェーデンやフィンランドでは23本、一方の日本ではわずか6本といわれています。予防に努めることで、おじいちゃんやおばあちゃんになっても自分の歯を維持できる可能性が大きく高まるのです。

いつまでもご自分の歯でおいしくお食事をするために、定期検診を受けてお口のトラブルを予防しましょう。

歯をできるかぎり長く保つために予防のことはお気軽にご相談ください